ギター初心者向けガイド

これはギターをはじめて弾く人に向けたガイドである。
(スマホ向けページはこちら)

音声ガイドはこちら

準備

演奏を始める前に機材は揃っているか確認したい。
ギターはアコースティックギターでもエレキギターでもよい。

  • エレキギター
  • チューナー
  • ピック
  • シールド
  • アンプ

チューニング

ギターを始める前に各弦の音階を調律しよう。レギュラーチューニングを行ってほしい。
レギュラーチューニングは6弦はミ、5弦はラ、4弦はレ、3弦はソ、2弦はシ、1弦はミの音が出る状態のことだ。

ピッキング

ピッキングは弦に対して水平に行う。

演奏

今回は「メリーさんの羊」をギターで弾く。

五線譜

メリーさんの羊を五線譜の譜面で表す。(fig1)

fig1.五線譜

タブ譜

五線譜を見てギターを弾くにはどこを押さえればどの音が鳴るのか把握する必要がある。 TAB譜(fig2)ではギターで弾くときにガイドをしてくれる。

五線譜は5本の線で構成されているが、TAB譜は6本の線で構成されている。
6本の線はギターの弦を表しており、下の線から6弦、5弦、4弦、3弦、2弦、1弦を示す。
各弦に表記された数字はギターのフレット番号を示しており、数字の書かれたフレットを押さえてピッキングすることで5線譜の音階に対応した音階をギターで鳴らすことができる。

例えば、五線譜の始めに表記されている「ミ」はギターの4弦2フレットをピッキングして鳴らすことができる。

fig2.TAB譜

メロディ

譜面(fig3)を読んでメロディ(主旋律)を弾いてみよう。

メロディ演奏例はこちら。

各音階は下記の通りにフレットを押さえると鳴らすことができる。

  • ミは4弦2フレットを押さえてピッキングする
  • レは4弦の開放弦をピッキングする
  • ドは5弦の3フレットを押さえてピッキングする
  • ソは3弦の開放弦を押さえてピッキングする

各フレットを押さえる際の左手の使い方を記す。

  • 人指し指で2フレットを押さえる。
  • 中指で3フレットを押さえる。
fig3.メロディを弾く

コード

譜面(fig4)を読んでコード(伴奏)を弾いてみよう。

コード演奏例はこちら。

各コードは下記の通りにフレットを押さえると鳴らすことができる。

  • Cコードは「5弦の3フレット(ド)」「4弦の2フレット(ミ)」「3弦の開放弦(ソ)」「2弦の1フレット(ド)」「1弦の開放弦(ミ)」のフレットを押さえて鳴らす。開放弦はそのまま鳴らす。
  • Gコードは「6弦の3フレット(ソ)」「5弦の2フレット(シ)」「4弦の開放弦(レ)」「3弦の開放弦(ソ)」「2弦の開放弦(シ)」「1弦の開放弦(ソ)」のフレットを押さえて鳴らす。開放弦はそのまま鳴らす。

各コードに対応するフレットを押さえるときの左手の使い方を記す。

  • Cコードは「人指し指で2弦1フレット(ド)」を押さえる。「中指で4弦2フレット(ミ)」を押さえる。「薬指で5弦3フレット(ド)」を押さえる。
  • Gコードは「中指で5弦2フレット(シ)」を押さえる。薬指で「6弦3フレット(ソ)」を押さえる。小指で「1弦3フレット(ソ)」を押さえる。
fig4.コードを弾く

リズム

譜面(fig5)を読んでリズムに合わせて弾いてみよう。

リズム演奏例はこちら。

ギターでリズムを刻む上で便利なダウンストロークとアップストロークという奏法を説明する。ダウンストロークは「1弦から6弦に向かって複数弦をピッキングすること」で、アップストロークは「6弦から1弦に向かって複数弦をピッキングすること」である。ちなみにストロークは「ひとかき」と言った意味もある。

ギターでリズムを刻むときに使われる補助記号がある。

  • ダウンストロークをする。
  • アップストロークの振りだけする。弦をピッキングしない。
  • アップストロークをする。
  • ダウンストロークの振りだけする。弦をピッキングしない。

右手の手首を上下に振っていき記号に合わせてダウンストロークやアップストローク、または振りだけを行えばよい。

fig5.リズムを刻む

合わせて弾く

譜面(fig6)を読んで「メロディ」「コード」「リズム」を合わせて弾いてみよう。

メロディとコードとリズムを合わせて弾く例はこちら。

各フレットを押さえるときの左手の使い方を記す。
また、フレットに対する弦の指定はない。

  • 人指し指は1フレットを使うときに押さえる。
  • 中指は2フレットを使うときに押さえる。
  • 薬指は3フレットを使うときに押さえる。
  • 小指は3フレットを使うときに押さえる。

演奏するときの要点は下記の通りである。

  • Cコードを弾いたあとに「レ」を弾きたいときには「人指し指を4弦から離す」とよい。
  • Gコードを弾いたあとに「ミ」を弾きたいときには「人指し指を5弦から4弦に移す」とよい。
  • 薬指と小指はGコードを弾くときに使い分ける。
  • リズムを意識してストロークできればよいが、ピッキングしづらければ無理にしない。
fig6.合わせて弾く

リファレンス

今後に向けて発展するためのリファレンスを掲載する。

ギターのレッスンを受けることを勧める理由について
[コード]