リファレンス

ギターを学ぶ上での参考情報を示す。
このページは有効な情報を残すために実験的な取り組みをしている。皆さんにとって参考になるデータを残せれば幸いである。

5弦ルートのコードを覚える

5弦ルートのコード表を示す。(実験)
※3秒に1回コードを切り替えて表示している。
Rは、基準音を示しているので「Cコード」であれば、5弦3フレットがRとなる。
他の音はRを基準に押さえていけばよい。

2弦と4弦のフレットの音を覚える

5弦や6弦のフレットの音階は分かるのに、2弦や4弦のフレットの音階が分からないことはないだろうか?
問題点を分析してみたので、対策とともに掲載する。

問題

2弦や4弦のフレットの音階を覚えられない。

分析

そもそも普段使わないから覚えられないのでは?
なぜならば、5弦や6弦のフレットの音階が何となく分かるのは「パワーコード」で弾いてきたからだ。特に難しい暗記をしたわけではない。
また、3弦は、1弦から3弦を使用したメジャースケールに合わせて、メロディの起点となるRootを3弦でよく弾いていたからだ。
つまり何かしらで弾けばいいのだ。

対策

2弦だけ、もしくは4弦だけで「きらきら星」を弾く。そして、続けてみる。
できるだけ、実際のプレイで使うことを想定して弾くとよいだろう。

動機

どうしてフレットの音階を覚えたいのか?
何が目的なのか?整理できていなければ無理に弾くことはない。
恐らくは今、弾いている音は何なのかを理解したいのではないだろうか?
もう少し、本当の理由を探ってみることとする。