パソコンの選び方について

目的とゴールをハッキリさせる

パソコンを買ったときの目的をあげる。

  • パソコンでゲームがしたい
  • パソコンでDTMがしたい
  • パソコンで動画がみたい
  • パソコンでWordやExcelを使いたい
  • パソコンでインターネットがしたい

目的に対するゴールは下記の通りである。

  • グラフィックボードは必要である
  • メモリは8GBもあればよい
  • Microsoft Officeを安く買う

どのようにして買ったのか

店舗ではなくネットショップでパソコンを購入した。理由はネットショップの方が安く買えたからだ。もちろん、店によってはネットショップで買うより安い場合もあるかもしれないので注意をすること。

新品ではなくアウトレットセールでパソコンを購入した。定価の6割未満で買うことができたからだ。アウトレットといっても箱破損の未開封品なので、パソコン自体は新品と考えた。世の中には新品の調整品もあるみたいだが、それもほぼ新品と考える。

Microsoft Officeに関してはアカデミック版の対象者だったため、6万円はするMicrosoft Office 2013 Professionalが2万円代で安く買えた。このときアカデミック版を買えるメリットを感じた。

パソコンのメモリに関してはメモリ増設をした。Transcendのデスクトップパソコンのメモリ4GBを5000円代で購入できた。

出来上がったパソコンのスペックは下記の通りである。

  • CPU:Core i5 4460 プロセッサー
  • メモリ:8GB
  • グラフィックス:NVIDIA GeForce GT740
  • 光学ドライブ:ブルーレイディスクドライブ
  • Office:Microsoft Office Professional 2013 アカデミック

結果、10万円以下でパソコンを買うことができた。

購入したパソコンも使いはじめて4年目になったので、そこそこ持っていると思う。

今後について

サブのパソコンとしてノートパソコンを用意して「記事」の更新をしたい。ノートパソコンはサイズや持ち運び(重量)とスペックを考慮する。また、いずれにしてもハードディスクの容量は500GB以上はほしい。

過去にタブレットパソコンを買ってから失敗したことがある。そのパソコンは、ハードの構造からか発熱がひどく長時間パソコンを持てなかった。また、ハードディスクの容量も少なかったため、Windows Updateのときは空き容量を確保する時間に追われた。もちろん、タブレットパソコンや小型のパソコンが必ず問題だったというわけではなく、パソコンの仕様から自分の用途に適しているか判断せずに購入したことが問題だった。そのため、サブのパソコンを買うときは慎重に判断する。

なお、購入を検討しているノートパソコンに関しては下記の通りである。