コードを打ち込むことが面倒と感じたときに便利なプラグインについて

DTMをしているときに、MIDI編集でコードをピアノロールに打ち込むことが苦になっていたが、コードを楽に入力できる様になり、劇的に入力速度が改善された方法について記録を残しておく。

通常だとピアノロールで打ち込むときにはMIDIノートにコードに必要な音を下記の様にように打ち込んでいた。例えば、Cコードであれば、ド、ミ、ソと一本ずつMIDIノートを入力していた。

ピアノロールによるコード入力

これに対して、Toontrack社のEZKEYSを使うと即座に入力することができた。おおよそ、Cのコードであれば数秒で入力することができた。ピアノロールによる入力は音階を確かめてからMIDIノートを入力することになるから、コード1つ入力するだけでも10秒程度は掛かっていた。

EZKeysによるコード入力

ピアノロールによる入力でもコード数が少ないときはそこまでストレスを感じなかったが、ギターでセッションしたいから、ピアノで伴奏を作る様なときは時間が掛かってしまったので本題であったギターセッションまで進めず、本末転倒になった。だいたい、伴奏を作り終わる頃には疲れてしまっているのでギターを弾く気が出なくなった。そんなことがあって伴奏を作ることにやる気が出なくなっていた。

EZKEYSはコード数が多ければ多いほどピアノロールで入力するときと比べてコードの入力時間差が蓄積されるから顕著に効果が現れる。その結果、だいぶコードの入力は楽になったしコードを入力するストレスは解消されたと感じている。

本当にちょっとした伴奏はすぐに作れるようになったのだ。良かった点としてはコード入力という本来、作曲とは関係のないところで時間を使わなくて済んだので、どんなリズムなのか?とか曲のイメージについて考えることに集中できるようになったと思う。