コードについて

自分が演奏する際に参照する際、とりわけ意味を覚えていないコードを中心にまとめていく。字引の様に使うことを目的とする。

コードの種類

コードを3和音と4和音で分けて表記していく。今回はCのコードで表記する。表記等は必ず正確とは限らないので注意してほしい。

3和音

コードネーム他、表記読み方構成音
CC△C MajorR, 3, 5
CmC-C minorR, 3, 5
CdimCm(♭5)C diminishR, ♭3, ♭5
CaugC(#5)C augmentR, 3, ♯5

英単語としてはdiminishは減少する、augumentは増加するという意味である。

4和音

コードネーム他、表記読み方構成音
CM7C△7C major sevenR, 3, 5, 7
Cm7C-7C minor sevenR, ♭3, 5, ♭7
Cm7(♭5)C minor seven flat fiveR, ♭3, ♭5, ♭7
C7C sevenR, 3, 5, ♭7
Cdim7C○7C diminished 7R, ♭3, ♭5, ♭7

degree(度)を表記するためのローマ数字がⅠからⅦまである。degreeで表記することにより一般解の様に書くことができる。Cキーの構成音と合わせてディグリーを表記する。

ディグリー表記
Cキーの場合CDEFGAB

ダイアトニックコード

degreeの表記を活用して、Key(調)の音で構成されたダイアトニックコードをまとめる。まずは、3和音と4和音の表記とCキーの書き方を列挙する。

3和音の表記

ディグリー表記ⅡmⅢmⅥmⅦm(♭5)
Cキーの場合CDmEmFGAmBm(♭5)

4和音の表記

ディグリー表記ⅠM7Ⅱm7Ⅲm7ⅣM7ⅤM7Ⅵm7Ⅶm7(♭5)
Cキーの場合CM7Dm7Em7FM7G7Am7Bm7(♭5)

各キーに対応するダイアトニックコード

ダイアトニックコードを表記していくが、表の見やすさを重視してKeyの構成音を列挙するだけに留める。上記にならって適宜変換して考えてほしい。

Key五線譜の「#」と「♭」の数
CCDEFGAB
G「#」が1つGABCDEF♯
D「#」が2つDEF♯GABC♯
A「#」が3つ
ABC♯DEF♯G#
E「#」が4つ
EF♯G♯ABC♯D♯
B「#」が5つ
BC♯D♯EF♯G♯A♯
F#「#」が6つF♯G♯A♯BC♯D♯E♯
F「♭」が1つFGAB♭CDE
B♭「♭」が2つB♭CDE♭FGA
E♭「♭」が3つE♭FGA♭B♭CD
A♭「♭」が4つA♭B♭CD♭E♭FG
D♭「♭」が5つD♭E♭FG♭A♭B♭C
G♭「♭」が6つG♭A♭B♭C♭D♭E♭F

diatonicは全音階という意味である。全音階は5つの全音と2つの半音で構成される7つの音階(Scale)のことである。

その他

他にもテンションと呼ばれるコードもあるが、適宜まとめることにする。また、コードの使い方や考え方については音楽の先生を通して学んでほしい。