DAWとOBSの連携について

自分のDAWに入っている音源で弾いてみた動画を録画したいと思ったときに、ASIOドライバの仕組みがOBSとの連携を邪魔していると感じている。

どうすれば、この問題は解決できるのかを考えてみてはいるが、中々、仕組みを理解していないので具体的な解決策までは浮かんでいない。今回はたまたまうまくいった方法を記録として残しておく。

ReaperのReaStreamを使う

全てのDAWがこの問題を解決できるのかは分からないがReaperのプラグインで解決した。Reaperが開発しているプラグインにReaStreamというのがある。恐らく、このプラグインはローカル越しにデータを転送することができるのだと理解している。

また、OBSでもVSTをサポートしていることが分かったので通信できるのではないか?と思い、Youtubeなどを検索していたらそういったことをしている人がいたので試してみた。

結果的には自分のDAWの中に入っているBIAS DESKTOPのギターアンプの音をOBSにのせることができた。

DAW側の設定(送信)
OBS側の設定(受信)

上記の様にDAWでは音をOBSに送りたいので「ローカルホスト」にあるOBSに送信(Send)を試みるとよい。OBS側では受信(Receive)すればよい。

注意することといえば、なぜ、これでOBSに音を送れるのか未だに理解できていない。また、音が送れないこともあった。結局、原因が分かっていないので本当にこの方法で音のやりとりができるのかも理解していない。

そのため、本当に解決できると担保はできないので注意してほしい。うまくいったらラッキー程度に思って使って頂ければ幸いだ。

無難なのはI/Fに通す前に音を作ること

自分はギターがメインなのでアンプやマルチエフェクターのLINE(OUT)を利用すれば、I/FのLINE(IN)に通せるので、これが無難な気がしている。しかし、それは個別の話で、世の中、ギタープレイヤー以外にもキーボード使いや、ボーカリスト、非電子楽器を使う人など様々な状況の人々がいるので、そういった人たち全般向けに解決する話題が本当に無難な方法になるのだろう。