ソロギターについて

アコースティックギターを弾き始めてから10年くらいは経つのだが、最近ソロギターを弾くことができるようになったので、そのときの記録を残す。

結論からいえば譜面を買って対応できた。

やさしいギター練習曲集を買った。この本は譜面も大きくて見やすく民謡や童謡など馴染みのある曲をチョイスしているので、懐かしい気持ちになりながら弾くことができる。気になる方は書店で見てほしいのだが、曲のはじめの方はメロディだけ弾ける構成になっていた。自分も1曲は弾ける曲があった。

音楽の教科書ではないが、初心に返ってこういった曲を弾いたことにより心が豊かになれた。日々、現代的な音楽を聴いていると自分の中で視野が狭くなり、凝り固まった思考になる様に感じていたが、民謡や童謡も紛れもなく音楽でありプレイヤー次第で豊かに弾くことができるのだと気付かされた。

そもそもどうやってこの本に辿り着いたのか?

たまたま、立ち寄った楽器屋でこの書籍を見つけた。何となくパラっとページをめくっただけだったが、前述のやさしい譜面の内容に心を掴まれた。今までソロギターと名のついた本は見てきたが。自分の力量からすると内容が難しかったため、本が問題というわけではないと思うが、自分の力量が影響して魅力に感じれない本が多かった。

自分のレベルにあった本を選ぶことも手であることを学んだ。

本の選び方は各人、理由があると思うので矯正するものではないが・・・。もし、難しくてギターが楽しめないと感じているときは、自分のレベルにあった曲を恥ずかしがらず選ぶことで豊かになれる可能性があることを学んだ。

最後に譜面を掲載されている「春の小川」を弾いた。本を選ぶときの参考になれば幸いだ。